内分泌疾患|登戸ハナミズキ内科|登戸駅の内科・糖尿病内科・内分泌代謝科

〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2428番地 Noborito Gate Building4階
044-712-5720
ヘッダー画像

内分泌疾患

内分泌疾患|登戸ハナミズキ内科|登戸駅の内科・糖尿病内科・内分泌代謝科

内分泌疾患について

内分泌疾患について

ホルモンは内分泌腺から血液中に分泌される微量な生理活性物質であり、生体の恒常性の維持に重要な役割を担っています。
内分泌腺には、甲状腺、副甲状腺、視床下部、下垂体、副腎、性腺といった臓器があり、内分泌疾患はそれら臓器から分泌されるホルモンが分泌過剰となったり、低下したりすることから様々な症状が現れます。
当院では、日本内分泌学会認定の内分泌代謝科専門医が、甲状腺疾患をはじめとする各種内分泌疾患の診断と治療をおこなっております。

甲状腺疾患

機能性疾患として、甲状腺ホルモンが亢進するバセドウ病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎などや、甲状腺ホルモンが低下する橋本病などがあります。また器質的疾患として、甲状腺腫瘍(良性、悪性、その他、分類不能、腫瘍様病変)があります。

甲状腺機能異常の症状

甲状腺機能亢進症 甲状腺機能低下症
暑がり、疲れやすい 寒がり、疲れやすい
発汗 むくみ
体重減少 体重増加
軟便 便秘
月経過小・無月経 月経過多・月経不順
イライラ・集中力低下 眠気・記憶力低下・無気力
眼球突出 まぶたの腫れ
息切れ・動悸 息切れ・徐脈
手指のふるえ 動作緩慢

甲状腺機能異常の診断・治療

血液検査で甲状腺ホルモン、各種自己抗体を検査することにより、診断および治療につなげていきます。

その他の内分泌疾患

検診や人間ドックでホルモンが関連する電解質異常を指摘されたり、骨塩定量で骨密度低下を指摘されたりすることがあります。そのような場合も当院までご相談ください。